富田珠里 ピアニスト

Takahiro Tajima

桐朋学園大学を首席卒業後、札幌交響楽団のコンサートマスターを務め、2004年にドイツへ。フライブルク音楽大学入学、コブレンツのライン州立フィルハーモニー第2コンサートマスターを経て、2008年9月より北西ドイツフィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスター。

 

これまでに和波孝禧、ライナー・クスマウルらの各氏に師事。第10回日本室内楽コンクール第2位入賞。ソリストとして札幌交響楽団、ハンガリー放送交響楽団と共演。サイトウキネンオーケストラ、服部譲二氏主宰東京アンサンブルに参加。また和波孝禧、土屋美寧子ら各氏とフランク「ピアノ五重奏」を、R.クスマウル、四戸世紀、小林秀子ら各氏とブラームス「クラリネット五重奏」のCDを録音している。

 

札幌交響楽団にてコンサートマスター(以下コンマス) という職を得ながら、ドイツ留学を決意された背景は?

以前より「ヨーロッパで生活してみたい、勉強したい」と思っていました。日本の音大を卒業後、すぐプロのコンマスになり重責を負うことに。取り組む曲はすべて新しく、譜読みも大変でした。そんな中、オーケストラで留学経験のある方々と出会い、のびのび音楽をしているな、たくさん勉強してきたんだろうな、と刺激を受けました。音楽の幅を広げるために、やはり自分も勉強しに行かなければ、と思いました。


ドイツでもコンマスになるのが夢でしたか。

実は、夢という訳ではなかったんです。フライブルク音大を卒業し、最終課程のソリストコースに失敗。進路が決まらない期間が一年ありました。その時に、ドイツで就職したい、出来るなら“経験のあるコンマスに”と。ドイツやスイスでたくさんのオーディションを受け、ビザが切れる一ヶ月前にコブレンツのオーケストラに合格。「ああ、これでドイツに残れるんだ!」と今までに味わったことのない達成感を得ました。その後、現在の北西ドイツフィルハーモニー管弦楽団のコンマスに受かりました。